愛知県名古屋市を中心に展開中のする激安ラーメンチェーン「スガキヤ」ですが、9月末までに大量閉店することが話題になっています。
こんなに、閉店する店舗がでている原因とは。何があったのでしょうか。

スガキヤ 大量閉店 何があったのか?

公式サイト上ののお知らせページに突然掲載された閉店情報に対し、多くのスガキヤファンからは「いったい何があったのか?、突然何なの?」と
多くの心配の声が上がっています。

スポンサーリンク

スガキヤ 大量閉店 2府9県で36店が閉鎖

名古屋のソウルフードと呼ばれるほど、地元に定着しているスガキヤの「ラーメン」みんなが一度はだたことがあるでしょう。

魚介だしと豚骨を組み合わせた独特の味わいが特徴の、スガキヤのメインのどこよりも強いは1杯320円(税込み)ラーメンです。

一般的なラーメンと比べると非常に激安です。でも、それ以外のメニューが弱い印象があります。

出店エリアは、愛知、岐阜、三重、静岡の東海圏のほか、北陸や関西も合せて2府9県。

ユニーが運営する「アピタ」などの総合スーパーのフードコートをメインに展開し、小さな子供連れのファミリー層などに支持されてきました。

公式サイトの情報によると、八月までに閉店したのは27店舗(「寿がきや」業態を含む)。

九月に閉店する9店舗を合わせると計36店舗となります。

スポンサーリンク

スガキヤ 大量閉店 利用者は?

 

スガキヤ 大量に九月末で閉店する店が続出その理由とは。
その理由として、考えられるのが、2019年10月1日から、いよいよ消費税が10%に引き上げになります。
特に、外食産業で、消費税分を商品に上乗せすることが厳しいことがあります。

それは、周りに、同じような店が店が並んでいて、少しだけ値上げするのも厳しい、
仕入れの材料のコスト削減も、もうギリギリまでやってきて削るところがないといった状態。
原材料費が高騰しているなか、利益率が高い高単価メニューが売りづらいというのはかなり不利です。
また集客力が高いハイセンスな商業施設は誘致しにくいイメージがあり、良い立地・条件での出店が難しくなっていそうです。

赤字店舗の閉店による体質改善が目的だといいますが、その赤字の理由とは上の内容なのだと思います。

スガキヤ 大量閉店 ネット上の声

スガキヤ 大量閉店 終わりに

まさかのスガキヤ大量閉店。

驚きですね。

ネット上ではでは、スガキヤに対するコメントのやり取りが、いろいろ発言なされてますね。。

「子供が食べるラーメン」とのイメージが強いことへの意見や、
「チープな味」に反発する意見が多く見られます。
子供から、いろんな人に親しんできたスガキヤ、今後どうなっていくのでしょうか?
やはり、消費税の波に飲み込まれてしまうのでしょうか。
皆さんと、見守って行きましょう。