渋野日向子の愛称は「しぶこ」ですが、その由来ついてご存じですか?
世界中でも大人気の渋野日向子の、話題となっているかわいい姿と
プロフイールを紹介いたします。

渋野日向子の愛称の由来は?

渋野日向子の愛称の由来から調べてみました。
渋野日向子というと、「しぶこ」という愛称で親しまれていますよね^^
かわいい笑顔の渋野日向子と「しぶこ」という愛称がマッチしていて
見ているほうまで笑顔になっちゃいますよね。癒されるっていう感じです。
そんな渋野日向子の愛称の名付け親とされているのが、
渋野日向子の1つ年上の先輩プロゴルファー「大出瑞月」選手です。
大出瑞月選手は渋野日向子の師匠でもある青木翔コーチから一緒に習っていた時期があったそうです。
その時に渋野日向子は周りから「しぶちゃん」という愛称で呼ばれていたそうです。
渋野日向子、「しぶちゃん」というあだ名もあったんですね。

そこからなぜ「しぶこ」に?ともう少し詳しく調べてみたところ、

しぶちゃんと呼ばれていた渋野日向子の周りには別に「まゆこ」
というあだ名で呼ばれている選手がいたそうです。
(名前はまゆだったけど、「まゆこ」と呼ばれていたとのこと)
そして、大出瑞月は「まゆこ」さんに合わせて?渋野日向子のことを「しぶこ」と呼び始めたそうです。
大出瑞月選手いわく、「しぶちゃん」は長くて呼びにくいので、呼びやすい「しぶこ」にした、とのことです。
呼びやすいからという理由で「しぶこ」と命名した大出瑞月選手でしたが、
今ではに何も世界中の人達が「しぶこ」と読んでいるのですごいですよね。
きっと大出瑞月選手もまさかの展開に驚いているはずです。
それをしっていたら、もっといい愛称・ニックネームをつけたでしょうかな?

渋野日向子の愛称の由来は、
先輩からの命名で、しぶちゃんより短くて呼びやすいからという
のが理由だったんですね!

スポンサーリンク

渋野日向子のかわいい姿の理由は?

ネットの反応では「嫌い」「べつにかわいくない」なんて声も昔から
一部で上がっているそうなんです!

なんでも渋野日向子が自分自信から笑顔笑顔と言った姿勢や「スマイルシンデレラ」
と呼ばれている事に良い印象をもちない人がいるようことなんです。
そのためか、自分でかわいい姿をしていると思います。

また、渋野日向子ですが、「LDH」のファンだと言う事を公表した事で
女性のLDHのファンから嫌われているみたいで「かわいくない」なんて声が
上がったということがありました。

当然世界的な人気があるのですから、一部の人より嫉妬や僻みが生まれてしまいます。

野日向子=笑顔が世界中の共通認識になるほど、渋野日向子はいつでも笑っている印象がありますね。
でも、ゴルフって精神的にきついスポーツだと思いますし、いつでも笑っているって
結構集中力がしんどいと思います。
それなのに、いつもいつも笑顔でプレーをされている渋野日向子。

すごいなぁと思いつつ、なぜそんないつでも笑っていられるのか、笑顔の理由も気になりますよね。

渋野日向子がいつも笑顔の理由についても調べてみたのですが、、、

どうやら、渋野日向子以前は喜怒哀楽をけっこう出したりする方だったそうです。

ただ、そうやって感情を出すことでスコアが落ちてしまったと語っていました。
それ以来、「いつも笑顔でいよう」と心掛けているそうです。

また、母親からも「いつも笑顔でいなさい」という教えもあったそうで、その影響もあるんでしょう。
いつも笑顔でいるから、ほかから見るとかわいい姿に見えるのだと思います。




渋野日向子プロフィール

出身地:岡山県
出身高校:作陽高校
生年月日:1998年11月15日
血液型:AB型
身長:165㎝
体重:62㎏
家族:父親、母親、妹
愛称(ニックネーム):しぶこ

岡山県岡山市出身のプロゴルファー

2019年に「AIG全英女子オープン」で日本人女子選手として
42年ぶりの海外メジャー優勝を果たしたことで注目を集めた。

小学校2年生の夏休みにゴルフに出会うまで何と中学2年生まで
ソフトボールや野球をしていた。

2011年の中学2年生の時に「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」で優勝。
軟式野球部の監督から「ゴルフ一本の方が良い」という助言ありコルフに専念を決意。

2018年にプロテストに合格。

 

渋野日向子の愛称の由来がとても衝撃的のまとめ

今回はスマイルシンデレラこと、渋野日向子にスポットを当ててみました。
渋野日向子の愛称の由来からかわいい姿の理由とは?を詳しく調べてみました。

渋野日向子の愛称は先輩がつけてくれたものだと分かりました。