攻殻機動隊がフル3DCGアニメーションで帰ってくる!!

1482PV

話題

あの攻殻機動隊のシリーズ初のフル3DCGアニメーションで、2020年4月に帰ってくる。
その名も「攻殻機動隊 SAC_2045」というタイトルで登場予定。

新タイトルの紹介

「攻殻機動隊 SAC_2045」は、史上初となるフル3DCGアニメーションでの登場となります。

 

スポンサーリンク

声優の紹介

 

声優のメンバーは、有名な「攻殻機動隊S.A.C」の公安9課を演じたメンバーが総集結した。
またあのなつかしい声が聞ける。ファンにとってはうれしい限りではないのだろうか。
イシカワ役の仲野裕、サイトー役の大川透、パズ役の小野塚貴志、
ボーマ役の山口太郎、タチコマ役の玉川砂記子らが勢ぞろいということである。




新作予告画像が公開


『攻殻機動隊 SAC_2045』予告編 – Netflix

完全な3Dをの姿を見せる、攻殻機動隊。

今までも、数々の時代の先端の科学文明のあり方を表現して話題になった物語が多数ある。

時代の進展を見ることが、できリアルな3D映像となっている。

クレジットのほうはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

常田大希 – Daiki Tsuneta(@daikitsuneta)がシェアした投稿

ネットの意見

 

 

などと、今までの2Dのほうが動きがなれて、攻殻機動隊というイメージを

植え込んでしまったのだろうか?。新しい3Dに不安の声が上がっている。

その反面、今までの2Dに飽きたユーザーの声だろうか、新しい世界を楽しみに

しているという声も、聞こえられる。

まとめ攻殻機動隊がフル3DCGアニメーション

人気の作品・攻殻機動隊であるが、2020年4月に帰って前に、

過去に放送された作品を、もう一度もて置くのはどうだろうか。

そのことにより、新作が、よりいっそう引き立つのは間違いと思う。

2020年の新しい年のイメージアニメとして、3Dの攻殻機動隊が

日本の景気づけになってくるくれることを期待したい。

ページの先頭へ