小学校二年生の娘にペンケースが壊れたから、新しいのが必要になったと
両面開きペンケースを急いで買った矢先、今度三年に進級します。
学校では、両面開きペンケースは、だめといわれているということです。
どんなのと聞くと、ペンポーチ型でした。小学校女の子ですから、おもいっきりかわいいものがいいと思います。

小学校入学時ペーンケースは箱型の理由

小学校入学時に入学祝いなどとして、初めに子供に買って与えたペーンケースはほとんどの方は箱型だったと思います。
多くの学校ではこのタイプを推薦されていると思います。

その理由は、次のような内容です。

 壊れにくいこと

箱型のペーンケースは、落としても少しぐらいは大丈夫です。昔ぞうが踏んでもなんてCMがはやりましたね。
机から落としても、中のエンピツなどは頑丈に守られております。

 分けやすいこと

小学校低学年は、授業時間も短いので鉛筆6本あれば足ります。
箱型には、鉛筆キャップもペーンケースにくっついたままなのでなれないうちは、キャップを机の下に転がすなんていうこともあり
ません。
おまけに、小さな鉛筆削りもペーンケースについていますので大変便利です。
両開き型は、裏に定規を入れることができます。ふたの開け閉めが多いと壊れる頻度が高いと思います。
初めは、このようにすぐに何がどこにあるのか分かるようなペーンケースがいいです。

スポンサーリンク

小学校の女の子ペンポーチはいつから

小学中学年からがペンポーチに切り替えをおこなうのかいいと思います。
その理由として、学習内容が増え、それに伴って授業時間も増えます。
それでは鉛筆が1日6本では足りなくなっていきます。また鉛筆だけでなくシャープペンシルや蛍光マーカーなど、様々な文房具を持
ち歩くようになるため、たくさん量が入るペーンケースの方が良くなっていきます。
また、鉛筆に転がり防止のキャップをすれば、机から落ちる頻度はなくなります。
ただ、学校からペンポーチタイプにと指示があった場合はそれに従いましょう。

スポンサーリンク

まとめペンケースも小学校の女の子ならペンポーチ

進級お祝いということで、箱型のペンケースもすみっこだったので、いろいろ見てこれのいいの一言でした。

 


スポンサーリンク
まとめて、すみっこのかきかたえんぴつも買いました。


スポンサーリンク

スポンサーリンク



最近の小学生のペンケース事情について

つい最近は、次の筆箱がペンケース禁止されることがあります。

キャラクター物
理由として
勉強中に子どもの集中力が途切れてしまうため禁止されている場合が多いです。

缶入りペンケース

理由として
落としたときにうるさい、壊れやすいことです。ペンケースだけでなく、中まで壊れてしまう、特にエンピツの芯が折れてしまい削
っても折れている。さらに削っても折れている、結局小さくなって使えなくなったということになります。

透明なペンケース
理由として
ペンケースの中身が気になってしまうことと、どんな鉛筆で、長さはどれぐらい・なんて周りが気になりますよね。個人情報保護が
大きな理由です。

布製ペンケース
理由として
低学年に禁止される場合が多いと思いますが、布製だと筆箱の中身が分かりづらくなってしまうためと、なれないためかファスナー
が噛んで壊れてしまう可能性があるためです。

と、最近の小学生のペンケース事情はこのようになっております。
早く、ペーパーレス化の時代が来るとよいですね。電子ペンになれば、漢字の書き方などの基本練習は必要だと思います。