都内の高級タワーマンションに住み、セレブ生活を送っている女優の加藤紗里。
不動産会社経営の男性とは、一週間後には別居さらに、離婚していた。
USJに同行した現在恋人関係にある男性と、結婚(再婚)はすぐにでも
できる場合もあるのだか゛なぜ再婚してないだけだという、
その理由とは何?

加藤紗里が一般男性と入籍


一般女性と9月に入籍その一週間後別居生活を送っていた。
ハリーウィンストンの婚約指輪がなんと300万円の指輪という。
さらに、GRAFFでオーダーしたイエローダイヤモンドが結婚指輪でなんと500万円の指輪という。
これを全て贈ってもらっていますね。離婚したのですから、もちろん現金に換金。
総額800万円の現金化。まさに女王様化?
超スピード離婚していたという。

女性は離婚から再婚できる日数が法律で決められているが、特例もあるだった。

スポンサーリンク

女性は離婚から再婚できる日数が法律で決められている

離婚したあといい人を見つけて再婚することになったとします。
男性は離婚後期間を置かずにすぐ再婚できますが、
女性はすぐに再婚することはできません。

再婚禁止期間とは

実は、女性は離婚後100日間経たなければ再婚できません。この期間を再婚禁止期間という。
再婚禁止期間とは法律の民法によって定められたものです。
この民法により、女性だけが離婚から再婚までの期間を拘束されているのです。

民法第733条

1 女は、前婚の解消又は取消しの日から起算して百日を経過した後でなければ、再婚をすることができない。

平成28年の民法の改正で変ったことは

1.女性の再婚禁止期間が6か月から100日に短縮されました。

それまで、女性が離婚してから再婚するまでの間、6ヶ月も待たなければなりませんでした。
それが平成28年に、100日になりました。

2.女性が前婚の解消若しくは取消しの時に懐胎(妊娠)していなかった場合
又は女性が前婚の解消若しくは取消しの後に出産した場合には
再婚禁止期間の規定を適用しないこととしました。

つまり、女性が離婚時に妊娠していなかったことが証明された場合は
すぐに結婚できる
また、離婚して再婚するまでに出産し場合も、子供は前の父親であるので、
すぐ結婚できる

注意してもらいたいのは、証明書が必要なことです。

民法第733条第2項に該当する旨の証明書について

「民法第733条第2項に該当する旨の証明書」とは,
再婚をしようとしている本人である女性を特定する事項のほか,
(1)本人が前婚の解消又は取消しの日であると申し出た日より後に懐胎していること,
(2)同日以後の一定の時期において懐胎していないこと,
(3)同日以後に出産したことのいずれかについて

診断を行った医師が記載した書面をいいます。

きちんと、お医者さんで証明書を発行してもらうことが大切だ。

民法第733条第2項に該当する旨の証明書[PDF:7KB]

民法第733条第2項に該当する旨の証明書[一太郎:15KB]

民法第733条第2項に該当する旨の証明書[WORD:37KB]

なお,医師の診察を受ける際,「前婚の解消又は取消日」
(注)(離婚日など)を申告する必要があります。
この日について誤って別の日を医師に申告した場合には,
本証明書を作成してもらったとしても,
再婚禁止期間内の再婚が認められない場合がありますので,
十分御注意ください。

3 取扱いの開始について

この取扱いは,民法の一部を改正する法律の施行日である
平成28年6月7日以後に婚姻の届出がされたものについて実施されます

引用元 法務省 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji04_00059.html

 

スポンサーリンク




加藤紗里は遊びたいが本音?

現在恋人関係にある男性は
USJに同行した男性といわれております。

いつでも再婚できるのに、再婚しないのはなぜ?とみんな思うでしょうねぇ。
自分で、再婚してないだけ。新婚旅行、デートであっているという。
結婚できるのに結婚しないのは、遊びたいから?

でも、突然の報告で、ママになりますということがあり、世間を騒がせている。

離婚時、妊娠していたのでしょうか?

何も手続きしなければ、子供は前の夫になりますね。

丈夫な赤ちゃんを出産してください。

でも、生まれてくる子供だけは、親の愛情をしっかり上げて下さい。

スポンサーリンク




加藤紗里プロフィール

 


名前 加藤 紗里(かとう さり)
生年月日 1990年6月19日
現年齢 29歳
出身地 広島県
身長  167cm
血液型 O型
事務所 株式会社01familia

加藤紗里は女優としても活動しており、2013年にはフジテレビ系のドラマ
「アンフェア ダブル・ミーニング Yes or No?」や
関西テレビ系の「新・ミナミの帝王 第6作」に出演していたようです。
バラエティー番組でお見掛けすることは多かったですが、
女優として活動されていたとはぜんぜん知りませんでした。
”元々はレースクイーンをしていたようですが、
グラビアやバラエティだけではなく、女優としても活躍していたんですね!
お馬鹿なのか頭が良いのか、よくわかりませんが、話題が尽きないタレントさんですよね!
もういい年なので、自分の方向性を見つけてはどうかと思います。