新型肺炎の感染が続々と日本でも増える一方で、
東京オリンピックの危機とまでいわれ始めている。
日本でも新型肺炎が広がりつつあるが、日本の対策葉あるのか?

東京オリンビックの危機?

新型肺炎ことコロナウイルスの日本での感染者が日に日にまして、
相次いで感染者が確認されつつありますね。
このままいったら、日本でも感染者がいっそう拡大することを
懸念して「東京オリンビックの危機」が叫ばれておりますね。
オリンビックは、人が集まるスポーツの祭典ですからウイルスの
格好の獲物になるのは間違いないと思います。

 

スポンサーリンク

感染者を一人でも見逃さないこと

 

オリンピック会場または、日本入国時に、新型肺炎感染者・それらしい
患者を入国時に見逃さないシステムをすぐにでも作る必要があると思います。
それで、入国させないこと、日本内の感染した人は早急に治療の検討を行う。
・日本で、見つかった新型肺炎感染者は、探す範囲が狭かったため、見つかるまで
時間がかかってしまい、中国湖北省武漢市への渡航歴のない男性やバスガイドだったりと
本来の原因が分かってなく全て後手にまわっている。
日数が過ぎれば、もう完治していることもある。対策もしっかりしてもらいたいものである。

スポンサーリンク




ネットの反応

&

;