春休みを満喫している中で、新しい学年に進級に胸を躍らせている中でしょう。
ピカピカの一年生にわくわくして、勉強用具を買ってもらい期待していることでしょう。
そんないろんな、新しい出会いのが始まる新学期。
なれない間の数日間は、ほんとうに緊張します。
新学期の不安で小学校は、あふれかえるばかり、その影響が家庭にも出ないように親が注意して何か変ったことないか、見守ることが肝心だと思います。
18歳以下の自殺者を調べた内閣府の調査では春休み明けの4月11日の99人(過去42年間累積)で、夏休み明けよりワースト2です。

新学期は、親の頑張り時です

子供として、長期休みがあって、自分の好きなように生活できる。
それが、新学期を迎えたことにより、共同生活に入る。これは小学校低学年ではよほどのストレスがかかることになるのでしょう。
まだ、自分をコントロールして、ストレスを逃がすことができない。
親がうまくやらないと、登校拒否してしまい。親が学校に呼び出しを受ける結果になってしまいます。
新学期の不安を解消する、小学校低学年の場合はいろいろありますね。
お子さんのことを信じてあげてください。
一回・二回くらいは遅刻しても、勉強と思ってください。自業自得で自分で学んでいくでしょう。
ただし、どうしても動かないような子供の場合は、学校生活で深刻な問題があるのかもしれません。
そこは、親が目を光らしてください

スポンサーリンク

新学期のストレスを解消する

子供の話を大人が真剣に、ただ聞いているだけでなく聞いてあげて 子供の気持ちを受け止めることが大切です。
子供が、疲れたなどといって帰って来たとき、子供がいいたいことを、全てしっかりと聞いてあげましょう。
生活のリズムをやる気のリズムに変えることが大切です。

スポンサーリンク

子供のがんばりを認めよう


子供のやろうとするまえむきな姿勢をしっかりと親が認めていく。
子どもたちも自分の生活を変えるために、頑張っている時期です。新学期の不安で小学校に登校するのをを面倒くさがる子どもに「もっと頑張れ!」というのは禁物です。
「学校行くのイヤイヤと思うくらい、とても学校で頑張ってるんだね」
そんなに頑張ってるんだ」と共感して、先にほめてあげてください。
子供の体の中にエネルギーが補充されます。
まず、先にほめて子供を認めることが大切です。成長すると自然と自分からできる人になる!

スポンサーリンク



ネットの反応についてまとめました。