パラリンピックは世界最高峰の障がい者スポーツ大会です。
冬季競技大会といって冬にも競技があります。
種目数はいくつあるのでしょうか。

スポンサーリンク




パラリンピックの種目数は冬は?

2018年に行われた、パラリンピック冬季競技では、
開催地が、平昌(ピョンチャン)で6競技で80種目
参加選手数670人でした。
四年後の、2022年に行われるパラリンピック冬季競技の
会場は、北京に開催予定で、同じく6種目です。

スポンサーリンク

パラリンピックの6種目とは?

詳しく6種目を見ていきましょう。

・アイスホッケー
下半身に障害を持つ者がアイスホッケーを行なえるように改良された障害者スポーツ。
・アルペンスキー
チェアスキーは、車椅子利用者などの下肢障害のあるスキーヤーのために設計された
用具を用いてスピードを競う。
・車椅子カーリング
車椅子で競技するカーリングでヨーロッパで誕生した障害者のためのスポーツである。


・クロスカントリースキー
障害に従い、シットスキーを用いることができる。
これは椅子の下にスキー板2枚を固定したものである。
また視覚障害の競技者は、ガイドの後を追いかける形で競技を行う。
・スノーボード
障がいを持ったスポーツ選手のためのスノーボードである。
・バイアスロン
一般にはクロスカントリースキーと、ライフル射撃を組み合わせた形の
冬の競技が有名とされる。

スポンサーリンク




まとめ


2022年冬季五輪は北京で行われる予定であり、
同じように、パラリンピックも同じ場所で
行われる。
種目数は、平昌パラリンピックと同じ内容とした。