オフィス365価格はいくらなのか気にかかっている人はたくさんいるのでは
ないでしょうか?2020 年 4 月 22 日に名称を変更しました。そのことによって個人向けの価格が変わったのか、
オフィスを使える環境が変えれるのかどうか見ていきたいと思います。

オフィス365価格個人はいくら?

個人用で親しまれてきたOffice365 Soloですが名前がMicrosoft 365 Personalと名前が変わりました。
税込みで12,984円/年または1,284円/月で、新規の人は変わらず一か月間無料で試すことができます。
MicrosoftWord、MicrosoftExcel、
MicrosoftPowerPoint、MicrosoftOneNote、
MicrosoftOutlook、Access (PC のみ)のほとんどのOffice アプリつかえます。

インストールできる台数は、同一ユーザーが使用するすべてのデバイスに変更になりました。
簡単に言うと、1人で使うにはオフィス製品をインストールし放題になったとことです。
パソコン3台、タブレット1台、スマートフォン1台全部にインストールいることができます。家の中でもWifiなどの
ネットワーク環境が整備されており、それに伴ってパソコンが各部屋にあるなんて珍しくないかもしれませんね。
もう、スマートフォンは持っていると方が多いと思います。スマートフォンに外付けのキーボードをつけて
パソコンと同じように使っている方もいるかもしれませんね。
次に各デバイスにOffice365を新名称Microsoft 365 Personalを入れたのはいいが単独で終わって、

データの活用方法を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

オフィス365で有効にデータを活用するには?

ネットワーク機器としてパソコンが2台、タブレット1台、スマートフォンホン1台など機器が多くなってきました。
家の中には、当然ネットワーク環境がありますからすべて、Wifiでつながっています。
ここでデータの共有を図るのに一番簡単な方法としてクラウドサービスがあります。
クラウドサービスとは、ネット上にデータを保管できるサービスです。
なんとOffice365(新名称Microsoft 365 Personal)では1人あたり1TBのクラウドストレージのOneDriveがはじめからついてきます。
各ネットワーク機器に設定するだけで、一番の目玉であるデータの共有ができるということです。
パソコンでExcelを作ったのをOneDriveへ保存それをスマートフォンから読みだして見ることができる。さらに、データを保存しておけば
パソコンからでもスマートフォンでも呼び出すことができ、更新もかけれます。
ファイルやちっとした写真のバックアッブにも簡単に使うことができる。
ネットワーク環境が整っていても、パソコンにUSBメモリを刺してデータを移動持って行ってデータ移動することがないなんて便利ですね。
クラウドサービスのOneDriveは、自分の家にLANドライブがあるような感覚だと思います。
特に、この頃は自然災害が多くなり、可愛い子供の小さい時の写真がクラウドサービスに預けているだけでも、何らかの対策になるのでは
ないでしょうか。

スポンサーリンク




オフィス365での注意点?

オフィス365(新名称Microsoft 365 Personal)で注意しなければならない点がある。
それは、オペレーティング システムがウインドーズパソコンの場合、Windows 10、Windows 8.1がサポート対象になっている点である。
当然だと思います。本体のWindows 7 のサポートは、2020 年 1 月 14 日に終了していますので、インストールして、動作しなくなっても
サポートが受けれられない点です。
オフィスのここができませんとサポートにいっても、オペレーティング システムは?と聞かれて
Windows 7です。といったら、本体のサポート終了されてます。
動くかもしれませんが、サポート対象外です。
ということです。
クラウドサービスのOneDriveは、非常な便利な機能ですが、システム バックアップなどは避けるべきです。
手元にデータがないと困る人や、Excelなどで報告書を作っているので絶対外に出たら困ると、セキュリテイが怖い方は
やはり、ノートパソコンならデイスク暗号化を行うか、LANDISK(ランデイスク)で障害対策のRAID対応まで構築が必要になってくる
のではないのでしょうか。

スポンサーリンク




まとめ オフィス365価格個人について

オフィス365個人向け(新名称Microsoft 365 Personal)に代わりましたが、値段も据え置きとなっています。
よいことに、ライセンス体形が変わり、自分1人で使うものすべてに入れることができる。
これは、時代の流れで、サポート対象のWindows10のPCを促すことあるのだろうと思う。
1TBのストレージは面倒なので、使っている人は少ないのではないだろうか。
データの保存用でなく、USBカード代わりに、データの通り道としてはどうだろうか。
パソコンからストレージへ保存→ストレージからスマートフォンへデータ移動するだけ、ストレージには
データは残さない。こんな使い方はどうだろうか?
Skype 無料通話60分付くのでSkypeを使っている人はだいぶ得なのではないだろうかと思います。
月千円ちっと払っているので、使わないことに越したことはないですね。