新たに社会人になり、お中元を初めて送ろうと考える方など何気なしに送ってしまいます。地方からから都会などに出てきたとき気をつけない事柄も含めまして、
お中元は地域によって送る時期がことなるものです。困ってしまって時期を逃すことにないように、目上の人に間違って送って、レッテルをはらないようにしましょう。

お中元の時期はいつ?地域別に期間を紹介

日本全国地域別に、お中元の送る期間の一般的な日を紹介いたします。

・東北地方・関東
東北地方・関東は7月1日~7月15日の期間にお中元を贈るのが一般的とされております。

・北海道・東海・関西・中国・四国地方
北海道・東海・関西・中国・四国地方は7月15日~8月15日に期間にお中元を贈るのが一般的とされております。
特に北海道は、注意したいですね。周りが海のため、宅配便ですと他の地域に比べると配送日数が余計にかかってしまいます、早めに配送手続きと何時着くのかを確認し期限内に着くことを確認しましをう。運送事故の場合は仕方がありませんね。

・北陸・甲信越地方
北陸・甲信越地方は7月1日~7月15日の期間にお中元を贈るのが一般的とされております。
ただし注意しないといけないのは、能登など場所によって7月15日~8月15日の期間にお中元を贈るのが一般的とされております。ここは地域で大きく期間が変って来るところです。いろいろ迷ったら7月15日を目処に送りましょう、それが無難なことです。

・九州地方
九州地方は8月1日~8月15日の期間にお中元を贈るのが一般的とされております。
全国で一番遅いとされているのが九州地方です。

・沖縄
沖縄は、年によって違います。カレンダーとにらめっこしましょう。毎年旧暦の「7月13日~7月15日」の期間中にお中元を贈るのが一般的とされております。いわゆる旧盆にあたる3日間がお盆となっております。なんと期間が短いこと。

 

スポンサーリンク

贈る時期を外してしまった場合は

いろいろ忙しくて、お中元の時期が過ぎてしまった場合は、次のようにします。

お中元の時期を過ぎてしまった場合についてですが、その場合は、表の熨斗の表書きは、「御中元」という表記だと思いますが、
その表記を変えることです。 表記を「暑中御見舞」または「残暑御見舞」として、贈ります。
そんなことのないように、特になれない土地に住んでいる人は先のことがまだ、よく見えないのではないでしょうか。
初めてのお中元は、心をこめて、時間をかけて6月下旬から計画して余裕を持って行動したいですね。それによって、相手から、あの人は行動が早いと思われプラス効果が生まれると思います。

スポンサーリンク

お中元のマナー・お歳暮のマナー

・政治家・公務員などにお中元を贈っていいの?

相手が政治家や公務員(利害関係がある場合)の場合、贈りものをするのは公務員規定に抵触する可能性があるため、禁止です。
贈った自分だけではなく、受け取った相手にも周りの迷惑を人にも迷惑をかけますので、気をつけましょう。

・今現在の相場がわかっていること

今現在の相場は一般的にお中元は3千円〜5千円くらいと言われています。親戚や知人であれば3千円、自分より目上の人の方なら5千円を目安にしましょう。
金額は自分がどのくらいお世話になったかにより変わりますので、大変お世話になった人なら5千円〜1万円位という考えもあります。ただしあまりにも高額過ぎて、相手からなぜこんなに高価な物を頂いてなんて本気で思われないようにしましょう。

・相手の好き嫌いを把握していること

お中元として品物を選ぶことは大変なことですね。ここで注意しないといけないのは、相手の好き嫌いを把握していることです。「コーヒー」の嫌いな人に、「コーヒー積み合わせセット」を贈ったのでは、相手に感謝されず、マイナスのイメージを持たれてしまう。安売りだったから贈ってきたのだねと思い違いされてしまう。だからその人の好みを把握しておこう。

・期日に到着するもの

宅配会社を使うのは便利だが、相手のことを考えて、日中は受取れるのか?夜間は受取れるのか?土曜・日曜日は受取れるのか?と考えて、それと相手の仕事を結びつけて何を贈ったらいいか考えます。新鮮な生ものが安い・好きだからと贈っても、輸送中に、不在で賞味期限が過ぎてしまわない物を。また、相手が長期に不在にならないかの確認が必要だと思います。確認ができなければ、賞味期限の長い無難な物になると思います。突然引越ししていてその場所にいないことのないようにコミュニケーションを密にしておくことも必要です。

・喪中にお中元は送って良いの?

自分や相手が喪中の場合、お中元を贈るのが躊躇われるかもしませんが 贈ることが出来ます。ただし、あまり不幸から時間が経っていない場合注意してください。時期をずらしたほうが無難です。
このように時期をずらした場合は、暑中見舞い、残暑見舞いとして相手方へ贈る方が無難です。