時期や送り方が変らない古くからある習慣のお中元ですが、親戚同士でも、お互いに年代が世代交代してくるといろいろと薄れて分からない人が多くなってくるのではないでしょうか。お中元をどのように選べは良いか述べたいと思います。最後に、2019年10月に予定され軽減税率について今から見ていきましょう。

贈るものは・選び方などについて

お中元の送るもの定番といえば、食料品をあげるとしたら各地域の人気米、小麦粉、夏によく食べることよりうどんや素麺などが多く、食料品の他としてはには衣料品などを贈る例が見られました。
現在では、デパートなどでお中元コーナーが期間限定で設けられているところが大部分ですね。各地の酒や地域の特産品などを中心した特設コーナーもあったりして、そのデパートどくどくの包み紙・紙袋で高級感が感じられたりして気にしている人も多いと思います。
お中元は、目上の人に感謝の気持ちを表すものであり、その人を思いながらしっかりと選んで、しっかりと届くことが大前提だと思います。選び方は次の上げますので御参考にしてください。

 

スポンサーリンク

贈り物の選び方

大事な人へお中元を贈るので、しっかりと選びたいものです。いくつか、お中元を選ぶ際の基準を上げておきますので参考にどうぞ。

お中元を送る人への好み

選ぶ際には相手の好みは特に重要だと思います。例えばただお酒が好きというだけでなく、相手と会話などしたときにその中に出てきた日本酒や焼酎の銘柄など、その銘柄がドンビシャで好みが当たれば、その人にとって贈り物としてはとっても喜ばれる物ではないでしょうか。
ただし、あまり神経質になりすぎ、細かい銘柄こだわり過ぎ時期を逃さないようにしなくてはなりません。
大幅にはずさなければ、問題ないと思います。お酒が好きなら、缶ビールといった考えでも問題ないと思います。

 

その家の家族の構成、人数など把握

特に子供がいる家庭には、子供が楽しめるようなものを贈るのも喜ばれると思います。毎日仕事にいって子供と話すきっかけがなかったところへ、子供も楽しめる物が送られてきて話すきっかけがつかめることになります。

お中元というとどうしても、飲食物になってしまいますが、無難なところとして高級お菓子などを贈るものいいでしょう。

評判のいい焼き菓子などほかでは手に入れることが難しいのを遠方の人に送るのも良いと思います。お酒や肴だと子供がワクワクして中をあけた時がっかりすると思います。

その点、自分も食べられる物であればいつか自分も食べられるとワクワクすると思います。

自信をもって勧められるもの

自分の好きなものを贈るというのもいいと思います。
やはり、相手の気持ちになって、もらったら何が喜ばれるか考えることだと思います。
あの人は焼酎にこだわりがあるからなぁ。この焼酎はいいだろうなぁとか、あの人はスイーツがすきだからなぁ。これは合うのではないのかなぁ。
とか、思い出しながら自分で自信を持って進められるのを探します。

 

印象に残すようにするには

印象に残したければ、例年、同じものを贈るのもいいでしょう。
例えば、毎年液体洗剤を送ってくれる人、という印象を与えるというのも一つのやり方だと思います。
これには、注意が必要です。
子供などで、洗濯が多く必要な人には、液体洗剤を送るのは、いいでしょうが、毎年・同じ物で飽きてしまわないか?また、洗剤とは、年々、新モデルが発売されており、洗浄力も格段にUPしておりますね。

その点お中元に出ている洗剤は最新モデルがあまり出ない点を注意しましょう。
常に、最先端を追っている方がいた場合注意しましょう。
おいしいといわれて、毎年同じお菓子などを送ったりすると、あきられてしまうかもしれませんね

お中元として好ましくないもの

趣味や嗜好が分かれやすいものなど、好みが不明のままで贈り物とするのはやめた方が無難といえます。
あのひと何に送ってきたのと後で言われてしまいます。
また、インテリア系やアクセサリーなども、お中元には向いているとはいえないでしょう。お中元にカタログって嬉しいですか?

 

スポンサーリンク

お中元にカタログって嬉しいですか?

今の流れのお中元だと割り切ればいいのではないのでしょうか?いろいろ、忙しいし、相手先に選んだものをもっていくのは大変だ。時間が開かないなんて今の時代。
また、あまり相手の好みがよくわからないとか、そういう場合に無難なのが、カタログギフト。
それで、インターネットを利用したネットでお中元を決めて、相手の受取れる時間に配達できる用に発送手配を行う。
ここでも、相手のことを考えて、何を送ったら良いか決めるのは自分ですから、相手の好きなもの確実に受け取り、賞味期限が大丈夫か考えますね。
カタログギフトも、相手の気持ちを受け取りましょう。それが肝心です。
まずは、相手にふさわしいもののっているシリーズと金額を決めます。
ここで、金額だけに重視して相手がほしそうなものがのっていないのを送ったりしないように注意しましょう。
これも、時代の流れと意識してお中元はカタログギブトでとすれは喜ばれるのではないでしょうか。
また、選んだ品物を送って相手にあわなかったとか、あまり喜んでいないようだったことがありません。

 

スポンサーリンク



最後に軽減税率が導入された場合お中元はどうすれば

軽減税率は、本当に予定通り導入されるのでしょうか?まだ未知数ですが、準備をしておくことは大事だと思います。
準備を着々と進めておけば、その時になって迷わないあなたも勝ち組になれる。
だんだん、物価が上がってきてますね。乳製品の値上げ、値上げまで行かなくても同じ値段で小さくなったお菓子など。
値上げの理由は「運送費の高騰・自社内のコストダウンで原料費の高騰分がカバーできないため」「異常気象で原料・食物が高騰」などが理由です。
さらに、2019年10月に予定される消費税率引き上げ8%から10%の消費税率引き上げの際に、合わせて導入が予定される軽減税率が今から注目すべき点です。
軽減税率とは、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に税率を引き下げる制度だ。

ここで、お中元の場合を見てみよう、お中元として酒類を選んだ場合税率は、10%であるが、普通の飲食料品であれば8%の軽減税率の対象となる。
多くの親戚、上司など、企業から取引先へお中元を送る人にとってはこの税率の違いは馬鹿にならないはずである。
企業・個人を含め、先の先を見て行動した人が勝ち組となれる時代となった世の中。今回はお中元の選び方だったが、時代のの先を読んで失敗しないお中元を

選んで、時代にマッチしていて相手に満足されれば良いと思います。