年々ハロウィンイベントが盛り上がって来ていると思います。
ハロウィンって何日にするものなのか知っていますか?
ハロウィンの季節は秋というのは町の雰囲気知っているけど、いつ?と聞かれて答えられる人は少ないのではないでしょうか?
ハロウィンは何日にするものなのかと、由来についてまとめてみました。

スポンサーリンク




ハロウィンとは2020年はいつなの?

2020年に限らず、ハロウィンは10月31日です。
何日がハロウィンなのかはっきり知らない、という方も多くいらっしゃるかもしれませんね。
ハロウィンは毎年同じです。「10月31日」になります。
しっかり覚えておきましょう。
10月の最終日!です。
なぜかというと、この日は、キリスト教の祝日である「万聖節」の前夜にあたる日になります。
秋の収穫を祝って、10月31日は1年の終わりとも考えられてこられたのでした。
2020年は、10月31日が土曜日なので、この日にハロウィンイベントが集中する可能性があります。
また、10月25日(日)も、10月下旬の最後の土日に含まれますのでイベントが集中する可能性があると思います。
そしてハロウィン当日は渋谷へ・・・といった楽しみ方が定番だといえるとおもいます。
誰でも気軽に楽しめる「イベント」や「お祭り」になっています。

スポンサーリンク

ハロウィーンの由来とは?

ハロウィンと言えば、やはりカボチャを切り抜いたジャックオーランタン。
カボチャをくりぬいて顔の形にした、カボチャのランプ。
そのカボチャはみんなからは「ジャックオーランタン」と呼ばれてます。
ジャックオーランタンは道を照らしてくれるのです。その道とは死の世界の道。何処へ続くのか?
「あるところにジャックという男がおりました。
ジャックは生きているときに悪さばかりして地獄に落ちてしまいました。
行くはてもなく歩いていると一つの明るい光が。その光を見てみるとカボチャの中に入ったロウソクの光でした。
ジャックは今でも、ジャックオーランタンを持って道をさまよい続けているのです。」
というのがハロウィンの原型モデルと言われてます。
そう、ハロウィンとは死者を祭るための日と言われてます。
ジャックのように道をさまよわないようにと。
これが詳細な内容になります。

スポンサーリンク




子供に簡単に説明する方法とは?

子供から「なんでハロウィンお菓子がもらえるの?」と聞かれた場になんと答えるの?

ハロウィンとは死者を祭るための日だからね。その夜に、帰る家がなく外をウロチョロしている霊たちが家のなかに入ってこないように、お菓子を渡して「元の自分の世界に戻ってくださいね!」とお願いするためのものと言われています。

おばけに変身して「トリック・オア・トリート」っていうと、お菓子をあげるから帰ってね。とおかしをもらえます。

スポンサーリンク




ハロウィンの日本の似た習慣とは?

1年の終わりの日は魔女や悪霊が悪さをすると考えられておりましたので、悪霊を追い払うという意味でもこの10月最後の日に、秋の収穫をお祝いお祭りで追い払うと考えました。
日本でいう習慣のお盆と同じような考え方といえるといえます。
死者がこの世に戻ってくる。そう考えたのがとてもよく似ておりますね。

まとめ

気が付いたら、ハロウィンが終わっていたということがありますね。
10月31日が過ぎておりもう11月になっていた。
テレビなどでハロウィンのイベントの録画を放送した時気づいたりしますね。
また、お店のハロウィン用のお菓子やスイーツが残って激安価格で売りに出されたりしてて ハロウィンの時期なんだあなぁーと気が付くことがありますね。
さらに、ハロウィンの本当の由来がわかると、その行動に親しみが持ててきます。
今年のハロウィンは違ったものになのではないでしょうか?
10月31日が土曜日なので、仮装した近所の子供がやってきたりするかもしれません。
ハロウィンのお菓子を準備するのも、また1つの楽しみではないでしょうか?