ゲームばかりしていると、馬鹿になるので、テレビを見なさい?
というのがネットではやっているが、昔はテレビを見ると
いわれてきた。実際は子供の脳の成長はどうなのだろうか?

スポンサーリンク




子供の脳の成長について

子どもの脳の全体の9割は、6歳までに完成するといわれております。

私たちは、考えて行動する生き物です。そのため脳がなければ考えられませんし、
小さいときにいろいろな情報を蓄積もできません。
他の動物との違いの考える脳を持っている生き物です。
その脳はどのような家庭で成長するのでしょうか?

私たちの脳の神経は、赤ちゃんとして、お母さんのおなかの中にいる、
だいたい妊娠2か月めごろからつくられ始めといわれます。
そして、三歳頃までには大脳、小脳、脳幹という基本構造がほぼできあがります。
子どもの脳は6歳で大人の脳の九割まで成長します。

小学校を卒業する12歳でほぼ大人の脳と同じように完成します。

すごいですね、もう小学校卒業と同時に大人と同じ脳になっている。
あとは、いかに多くの情報を詰め込み、脳を動かすかが鍵となってくるのだろう。

スポンサーリンク

ゲームや、テレビは制限しないと危険!!

ゲームばかりしないで、テレビを見なさいというのは、反対です。
先のように、小学校を卒業する12歳で大人の脳が完成するのですから、
小学校でも、メデア(テレビ・ゲーム・バソコン)を家庭でやる時間を
一日二時間とか親子で決めて、実行する取り組みになっていると思います。


ましてや、小学校からスマホがほしい・・・・影でゲームをやっていたり、
授業でプログラミング学習が始まり、パソコンにさわる頻度が増えてくる。
また、小学校の英語学習で、外国とWEB学習授業で、モニターを見る時間が増える。
さらに、家庭学習で、タブレット教材を使っている方もおいでのことでないだろうか?

スポンサーリンク




裸眼の低下の子供たち

IT機器に囲まれた生活を小さいときから送ってきた子供たち。
裸眼の低下が見られるといわれます。


ゲームなどを、暗い部屋やで見たり、テレビを、近くまでよって見たりしている。
このような、生活環境の変化のほかに、大自然の中に飛び込んで
走り回ることができなくなった、自然環境の変化があげられると思います。

スポンサーリンク




ゲームばかりしないのまとめ

短時間なら、集中して、ゲームするはいいと思います。
時間を、決めて、正しい姿勢で集中して行うことが大切だと思います。
寝たまま、決してゲームなどしないように、うしになりますよ!
あとは、いかに脳を休めるかが大事だと思います。