首都圏を直撃した大型の台風19号が発生しました。そのなかで、
断水が発生した神奈川県山北町で奇妙なことが起こりました。
それは、せっかく給水車が来たのに、その水を捨てたというのである。
とても信じがたいことが起こりました。その原因とは?

断水による給水の主の時間経過

12日夜、台風19号は神奈川県を直撃し、山北町で断水が起きた。

町は、約20キロ離れた駒門駐屯地(静岡県御殿場市)の陸上自衛隊に「翌日(13日)、給水車を要請するかもしれない」旨連絡していた。

13日朝4時に、自衛隊から「県知事から防衛相に自衛隊の派遣要請をする必要があります。

町は県に依頼してほしい。自衛隊としては、給水車 3台を午前6時に出発させます」と連絡があった。      ↓
町の防災課が県に依頼すると、マニュアルを盾に難色を示した。

(県のマニュアルによれば、自衛隊の派遣要請は、どうしようもなくなった時の
最終手段だが、山北町の状況は該当しないとのことが理由。)

給水車3台は午前7時少し前に町に到着。
県と町で押し問答が続いたが、県は最後まで首をタテに振らず、給水車3台の貴重な水は捨てられた。

県が別途手配した給水車は2台で、到着も13日の午後と遅れた。

スポンサーリンク

問題と、原因。

・県は、県民の安全を考えないで、自分の地位のことばかり考え、マニアルのせいにばかりにする。
非常事態ということも分かっていない。せっかく、自衛隊の方々が運んできてくれた水を、捨てるなんて、
なんてことをしたのか。その間に、水がなくてミルクが作れなく、おなかを減らしている子供がいたかもしれないのだ。
これがほんとうなら、職員は、融通が利かない危機管理課にいるべきでないひとでない。
危険な、自然現象にあわせて、臨機応変に、県民を生活を導く人こそが、災害に生き残る町では、ないだろうか。
今回の給水車貴重な水は捨てられた原因は、県の職員の、災害の県民が困っていても、マニュアル道理に実行すると
いう考え方なのでは、ないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

自然災害は、いくらマニュアルを作ってもマニュアル道理に行かない点も出てくる。
今回の台風では、日本では多くの考えられない被害が出た。
このことを、踏まえ、マニュアルを改善するべきだ。さらに、先の先をよんでマニュアルにないことは、
臨機応変に国民の生活を守ることに焦点を置いてもらいたい。