新学期が始まります。クラスがえがあったりしますね。
友達がいないなんて寂しいものです。他の人たちはもうみんなグループが出来ているけど自分だけひとりで。
みんなの中に入っていける空気ではなく1人でポツンとしていたらそのまましばらくたっていたら、移動教室からの移動のときも1人で移動して、お昼も一人でなんて悲しいですよね。そうならないために今から対策いたしましょう。

まずは自分から挨拶を


新学期のクラスがえの新しい教室や、入学式の体育館などで知らない顔が多くてとっても緊張するかもしてれませんが、「おはよう」「よろしく」とそこは自分から勇気を出して挨拶しましょう。
相手から挨拶を返されなくても気にしないね。ただとまどっているだけなので。
普通挨拶されて嫌いな顔をする人はあまりおりません。このときに、明るい笑顔「すまいる・すまいる」をプラスできたらぱっちりだと思います。
スポンサーリンク

まわりの人に話しかける

新たにスタートしたクラスですから、お互いについてまだ何も知らない状態です。
初めが肝心です。新学期のため気持ちが緊張しているのはわかりますが、そのまま何もしないと周りにとりのこされてしまいますよ。
近くにいたクラスメイトでも、突然トイレで一緒になったクラスメイトでも、どんなことでもいいですから自分から積極的に話しかけてみましょう。
話しやすいのは、「名前は何?」「去年は何組だった?」「何て呼ばれていたの?なんて呼べばいい?」という内容は身近な内容から入るのがよいでしょう。
全員と話すことを目標にしてもいいですが、人と話ずらい人はいるものです。あまり夢中になってしまって何回も積極的過ぎるとウザがられてしまったりするので、注意しましょう。

スポンサーリンク

お互いの共通点を見つける

ふとした会話の中で、出身幼稚園が同じであるとか、共通の趣味をもているなど、自分と相手のお互いの共通点を見つければ、それをきっかけとして仲良くなるチャンスである。前日に見た話題のテレビ番組、好きなアーティストの話など、ゲーム作品の話題など話題としては数多く存在しております。
それらの話していくうちに見つかった共通点を掘り下げていくとお互い共感しあえ、親近感がわくものです。さらに仲間意識も芽生えます

スポンサーリンク



会話が苦手な人にはこれがお勧め 小さな頼み事

それでも、自分のことを話すのは苦手な人っておりますね。
突然話しかけるのが無視されかもしれない?と不安になっているそのときの対策としては、「すみません、ちっと消しゴム貸してくれない?忘れてきたので、お願いします。」と相手にチットした頼みごとをしてみるの

もお勧めです。
このことから「ありがとう、とっても助かったよ!そのボールペン、とてもかわいいね、どこで買ったの?」など、お礼をいいながら、話題を少し広げてみましょう。小さな頼み事が、会話の糸口になってきます。
相手からも、その話題により、会話が弾むことがあり、自然と仲良くなるのではないでしょうか。

クラス以外にも目を向ける

クラス活動以外でも、積極的に友達作りを行いたいという人は、部活動や委員会活動、生徒会活動などの校内活動に積極的に参加すると、今まで知らなかった人とも上級生・下級生とも仲良くなるチャンスです。
同じ目標に向かって一緒にとりくむ仲間のなかにはいることは、友達作りにとっても有効だとおもいます。

新学期の友達の作り方です・まとめ

学校生活において、友達の存在は大変大きなもので、友達がいるかいないかで楽しさがだいぶ変ってきます。
学校生活は、社会人になるための練習の場です。
学校生活はで、友達を作れない人は、社会人になっても友達を作れないと思います。
また、学生時代の友達は大人になっても大事として付き合えるものです。