有罪確定!!黒い裁判で絶対勝利の命令が!!
深まる夫の疑惑と闇…圧倒的不利に挑め!

蓮見杏子役演じる常盤貴子と 多田征大役演じる小泉孝太郎の間に何が起きたのか。

日曜劇場「グッドワイフ」の主人公のについて

常盤貴子・・蓮見杏子 役

(出典 storage.mainichikirei.jp)
出産を機に、弁護士の仕事を辞め専業主婦となるが、東京地検特捜部長を務める夫の壮一郎が汚職容疑で逮捕され、子どもを育てるために復職を決意する。

小泉孝太郎・・多田征大 役

(出典 dot.asahi.com)

弁護士。
司法修習生時代の杏子の同期。
依頼人の利益を最優先する敏腕弁護士で、神山多田法律事務所を経営する。
かつて杏子に思いを寄せていた。

水原希子・・円香みちる役


(出典 www.j-cast.com)

神山多田法律事務所のパラリーガル。
豊富な交友関係を駆使して重要な情報や証言を手に入れる、弁護士たちの右腕。どこかミステリアスな部分もある。

北村匠海・・朝飛光太郎 役


(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com) 

新人弁護士。
杏子と同時期に神山多田法律事務所に仮採用される。
事務所の雇用枠は一つで、その席を巡って杏子と競争することになる。

スポンサーリンク

常盤貴子のグッドワイフ第二話

(出典 i.ytimg.com)

あらすじ
【その男、黒か白か】

前代未聞!!  代表弁護士の飲酒事故!
“絶対有罪”に隠された真実…
夫の深まる疑惑…あの男が動き出す!

事務所の名誉顧問であリ神山佳恵(賀来千香子)の父、神山大輔(橋爪功)が事務所を尋ねてくる。
大輔は、酒酔い運転を起こし、さらに警官に抵抗し 公務執行妨害を起こした罪で起訴されたのだ。
大輔は無罪を主張するが、状況証拠からは、どうみてもクロ(有罪)。
その弁護を杏子(常盤貴子)は大輔から依頼される。
多田(小泉孝太郎)は、新人には無理だと反対するが、杏子は自ら担当することを決意する。
しかし、大輔から、新人で自分の言うとおりになるから 指名されたと聞かされて愕然とする杏子。
自由奔放な大輔に翻弄される。
しかも、神山から大輔が妻を殺されたという 衝撃の告白を聞かされる。
そんな中、特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)が杏子に接触。
壮一郎の疑惑が深まる中、壮一郎と接見して核心を問う。
そこで衝撃の告白をされる。
杏子は壮一郎とのことも、
そして担当する大輔の弁護でも窮地に立たされる。